スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか真面目に語りよる。きしょ。

ウモ゛ッー(猛り)


最近TF Jungleに帰化した。Soason5初期で流行ってたやつね。

amarecco6754.jpeg

この画像では活躍して勝ってるけど、やっぱりこういうイロモノPickは

負けちゃうと責任を追及されてしまいがち。しかしそれはイロモノPickの宿命なのである。

場合によってはどんなに活躍しようとも、試合に負ければイロモノの責任になったりする。

自分が楽しむためのPickとはいえ、それなりの覚悟をもってプレイしなければならないのである。



今まで手がけたGuinsoo XinやADC Ahri、ハリケーンJinxにCDR Varus、靴はかないUdyrなども

全て該当する。味方から「お前大丈夫か?」といったニュアンスの言葉は星の数ほど受け取ってきた。

それでもそういうプレイスタイルを貫いてきたのはやっぱり楽しいからである。

どこのガイドにも無さそうな、自分のちょっと閃いたビルドやプレイを

ルーンマスタリーの段階から練って実践する。当然上手くいくことはなかなかないけど、

勢いづいて活躍し、勝った時の喜びはひとしおである。



この楽しさは勝率上位のChampionをガイドやメタになぞってプレイすることでは得られない味である。

そういったプレイスタイルを否定するわけではない。というかそれがそもそも普通だし、

勝つための最大の近道であり、Rankedにおいては上へと登り詰めるための重要な要素だ。



勝率上位のChampionは一定の操作ができれば必ず結果が付いてくる。踏みならされた道の先は明るい。

一方TF JungleだのADC Ahriだのなんて多くの人が歩いたことの無い道だから辺り一面真っ暗である。

歩いた道の先は奈落の底かもしれない。

しかし、今俺はその「未踏の地」を歩くプレイスタイルにやみつきだ。



もしかしたら「未踏の地」の先には「新たな強いメタ」へと辿り着くかもしれない。

そう思うとワクワクする。

俺は今日もそんな心の昂ぶりを秘めながら試合に臨むのである―――――









amarecco6757.jpeg



そしたら負けまくってLP50くらい下がった。



あああああああああああああああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ(ry
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

trollではなくSeeker of metaなのだ

Re: No title

> trollではなくSeeker of metaなのだ



Enagym The Seeker of Meta か・・・

カッコイイ・・・イクゥ・・・

プロフィール

enagym

Author:enagym
レベルが上がらないLOL Player
ブログのリンクは自由自由です
コメントで「リンクした」と連絡を
してくれればリンクを返す事もできる
すごい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。